―ガーデンルームを、つくろう―

ガーデンルームをご存知でしょうか。

屋根やカベをクリアパネルで仕上げた、庭に面した部屋のことです。

 

 

ガーデンルームのメリットは、リビングが広くなるだけではありません。

冬はサンルームとして熱を吸収して貯めます。

夏は屋外と屋内の断熱層として働き、冷房の効率を高めます。

庭とリビングをつなぐ部屋がガーデンルームです。

 

今回は、そんなガーデンルームの作る様子をご紹介させていただきます。

 

 

 

ガーデンルームを作る前に・・・

今回のお客さまは、以前ご新居の施工をさせていただいたお客さまです。

古くなったウッドデッキを撤去して、

人工木デッキとガーデンルームを設置をしたいと思います。

まずはCGパースをもとに、配置プランを決めていただきます。

プランが固まったら、設計図面を作成して工事スタートです。

 

 

 

解体工事 & インターロッキング

まずは既存のウッドデッキを解体します。

ウッドデッキは定期的に塗装などのメンテナンスが必要です。

その点、こんかいの人工木デッキは樹脂製なので手間がかからず、害虫を寄せ付けません

 

 

施主さまが駐車場をもう一台追加したいとのことでした。

インターロッキング(地面のレンガ)を延長しておきます。

砂と砕石、セメントで下地を補強してあるので、車が載っても沈みません

 

 

汚れのため、新旧のインターロッキングで色が違っています。

高圧洗浄機でシミやコケを吹き飛ばしていきます。

 

高圧洗浄機にはエンジン式と電動式があります。

エンジン式は強力ですが、電動タイプは静音でホームセンター等でも手に入ります。

一台持っておくと便利かもしれません。

 

 

つぎはいよいよウッドデッキ工事です。

 

 

 

人工木デッキ & ガーデンルーム

まずは基礎を配置して、骨組みを作っていきます。

なお、今回は三協とLIXILのふたつのメーカーでご提案しました。

ガーデンルームは三協とLIXILが大手で、ラインナップも豊富です。

施主さまには三協をお選びいただいています。

 

 

基礎や骨組みはとくに大切な作業です。

設計図面どおりに施工されているかチェックします。

 

 

 

構造体ができたあとは、床板やパネルを貼っていきます。

 

 

 

芝張り & 植栽

最後の仕上げでは、芝張りや植栽工事を行います。

芝は高麗芝を、アクセントとして赤いナンテンを5本植えました。

これで工事が完成です。

 

 

さいごに使い方や保証の説明をして、お引渡しとなります。

 

三協のガーデンルームは気密性が高く、冬でも暖かく過ごせます。

お子さまや猫たちも、さっそく日向ぼっこを楽しんでいただいているそうです。