天井スピーカーを設置しよう!

天井付けタイプのスピーカー増設工事を施工しました。

作業自体は、2名、2時間程度で完了しています。

 

天井スピーカーは見た目がすっきりし、部屋全体に音楽を流すのに適しています。

今回は、実際の工事の様子をご紹介したいと思います。

 

 

まずはプラニング

トイレでもBGMを流せるようにしてほしいと言われたことが、今回のきっかけでした。

 

2階にアンプがあり、スピーカーの設置場所は1階のトイレです。

せっかくなので配線を隠してキレイに仕上げたいところ。

1階の天井裏にケーブルを設置して見えないようにする事に決めました。

天井裏はある程度のスペースがあるので、こういった用途にはぴったりです。

 

作業は大きく分けて、次の2工程が必要だと分かりました。

  1. 天井裏で、アンプからスピーカーまで配線を送る
  2. スピーカーをはめ込むための穴を天井に開ける

 

 

 

アンプからスピーカーへケーブルを配線

まずは2階の床に穴を開けます。

アンプから1階の天井裏へケーブルを通しておきます。

 

 

一般的なフローリングの床なので、インパクトドライバーがあれば大丈夫です。

長めのドリルビットがあると、狭い場所でも便利です。

 

 

さきほど穴を開けてケーブルを通した床の下に、天井点検口を取り付けます。

点検口は取り外しができるフタのこと。

今回は片手が入るくらいのサイズのものを用意しました。

取り付ける前に、天井のクロスと同じクロスを点検口にも貼っておきます。

天井点検口はトラブルがあった際のメンテナンスでも活躍します。

 

 

天井を開けるとケーブルが垂れているのを見つけました。

金具で梁にとめながら、目的地であるトイレの天井裏へ伸ばしていきます。

 

 

スピーカーの大きさに合わせて、天井に穴を開けます。

 

 

最後に配線を接続し、天井にはめ込むことで完了となります。

 

 

 

スピーカーごとにアンプが必要

音楽を流すためには、プレーヤー・アンプ・スピーカーの三つが必要になります。

今回はプレーヤーはiPadを使用しました。

スピーカーとアンプについては新規で購入いただいています。

 

これは、1台のアンプで、スピーカーごとに音量を変えることはできないためです。

つまり、部屋の大きさによって必要な音量が異なるため、複数の部屋で流したい場合は、部屋毎にアンプを用意したほうが良いためです。

 

なお、一台のアンプにつなげるスピーカーの数(容量)も、決まっています。

複数の部屋で音楽を流したい場合は、部屋ごとにアンプを用意するのをお勧めします。