イナバガレージの断熱を施工しました

稲葉製作所のガレージ「ガレーディア」のカスタムを施工いたしました。

断熱材を入れる断熱工事と、合板を貼る内装工事を行っています。

今回は、バイクガレージのカスタムについてご紹介させていただきます。

 

 

工事前の様子です。

スチールは熱伝導が良いので、夏はとにかく暑くて冬は寒いです。

こうしたガレージ断熱は人気の工事です。

 

スチールのように硬くて、ある程度厚みのある金属には木ビスが効きません。

先端にドリルのついたピアスビスを用意しておきます。

 

ただし、長すぎると外まで打ち抜いてしまう危険性があります。

ビス類は必要強度が出る範囲で、なるべく短いものを選定します。

 

 

断熱工事

まずは、梁下で天井を組みながら、断熱材を入れていきます。

断熱材は25mmのスタイロフォームを使用。

 

最初は梁を出す予定でしたが、断熱性を上げるために梁下で天井を組むように変更しました。

天井の作業は2人以上でやった方が、スムーズに進みます。

 

 

スタイロフォームは必要なサイズにカットして使います。

隙間ができてしまうと、断熱性能は低くなるので精度が必要な工程です。

DIYで行う方は、グラスウールやロックウールのような繊維系断熱材の方が便利かもしれません。

 

 

 

内装工事

天井仕上げ材を貼ります。

今回、仕上げ材はOSBボードを使用しています。

厚さは標準の12mm。

 

見た目がガレージに適しているのと、後々のDIYがしやすくなることから選びました。

OSBボードは木片を押し固めて作られているので、棚を付けたりしても強度が十分にあります。

なお、OSBボード自体にも断熱材ほどではありませんが、断熱性と気密性があります。

 

 

壁も同様に仕上げていきます。

OSBボードには表と裏があります。

表はツルツルしていて文字が印字されており、裏はザラザラしていて無地です。

このあたりはお好みですが、今回は表面を室内側にします。

 

 

入口や窓部分は、そのままにしておくとOSBボードの切断面が見えてしまいます。

こうしたOSBボードの端部は荒れやすく、怪我の原因になります。

上からアルミのL型アングルを端部に被せていきます。

 

 

アングルの色は窓枠に合わせてシルバーにしました。

枠と一体化してほとんど目立ちません。

 

 

思ったより材料が余ったので、ヘルメットを置くための棚を製作します。

 

 

木を加工して凹凸を作ってはめ込んでいきます。

ビスや金物の見えなくなるので、仕上がりが美しくなります。

 

 

奥行があるので、荷重を支えるために持ち送り(三角形の部分)を付けています。

 

 

最後に清掃して完成です。

3人で3日で完成しました。