イナバガレージの断熱を施工しました

イナバガレージの暑さ対策

稲葉製作所のガレージ「ガレーディア」のカスタムを施工いたしました。

断熱材を貼り付ける断熱工事を行っています。

今回は、バイクガレージのカスタムについてご紹介させていただきます。

 

 

 

事前準備

工事前の様子です。

スチールは熱伝導率が良いので、夏はとにかく暑くて冬は寒いです。

こうしたガレージ断熱は人気の工事です。

 

スチールのように硬くて、ある程度厚みのある金属には木ビスが効きません。

先端にドリルのついたピアスビスを用意しておきます。

ただし、ビスが長すぎると外まで打ち抜いてしまう危険性があります。

ビス類は必要強度が出る範囲で、なるべく短いものを選定します。

 

ちなみに、イナバガレージはメーカーの公式ホームページでCADデータを公開しています。

きちんと確認した上で、それぞれの材料を選定して用意することがポイントです。

 

 

 

断熱工事

まずは、梁下で天井を組みながら、断熱材を入れていきます。

断熱材は25mmのスタイロフォームを使用。

断熱だけではなく、防音性能にも優れた軽い発泡プレスチック系の水色の素材です。

スーパーなどで見かける白色の発泡スチロールに比べ、倍程度の断熱性能を持っています。

 

写真を見るとわかりますが、天井は梁の下で組んでいます。

最初は天井高を高くとるために梁型を出す予定でしたが、梁もスチールなので、熱を通しやすい物質です。

断熱性を上げるために梁の下部で天井を組むように変更しました。

断熱は、できるだけ断熱材の隙間を少なくしていくことが大切です。

 

なお、天井系の作業は2人でやった方がスムーズに進みます。

 

 

スタイロフォームは1820mm×910mmのサブロク板で納品されますので、必要なサイズにカットして使います。

隙間ができてしまうと、断熱性能は低くなるので精度が必要な工程です。

発泡スチロールのような素材感なので、一度切ってしまうともとには戻せません。

 

DIYで行う方は、グラスウールやロックウールのような繊維系断熱材の方が便利かもしれません。

繊維系断熱材は、天井の上に広げて敷くだけとなります。

 

この時、照明やスイッチの配線を通すのを忘れないようにしましょう。

また、照明の場合は天井に荷重がかかるため、適切な補強が必要になります。

照明の位置は先に決めておく必要があります。

 

 

あとはお好みの内装材を貼って仕上げれば、完成となります。

工期は断熱工事+内装工事で1週間程度となりました。