【暑さ寒さ】断熱材の種類と使い方

断熱材は足りていますか?

断熱材はその名前のとおり、熱の移動を防ぐために使います。

外からの熱の侵入を防ぐのに加え、屋内の熱を外に逃がしにくくする効果もあります。

 

暑さ寒さにお悩みの場合には、断熱材の追加設置を提案することがあります。

天井点検口から屋根裏を覗くと、断熱材の様子が見ることができます。

 

実際の現場ではいろいろな断熱材を使い分けていますが、今回は断熱材の種類とその特徴を紹介します。

 

 

 

断熱材とその種類

断熱材はいろいろありますが、大きく分けて3つの種類に分けれられます。

  1. 繊維系
  2. 発泡系
  3. 天然素材系

 

 

1の繊維系はグラスウールやロックウールが有名です。

グラスウールはガラスを溶かして繊維状に加工したものです。

安くて燃えにくいため、広く使われています。

施工も敷くだけなので簡単で、防音効果があるのもメリットのひとつ。

 

デメリットは吸湿すると断熱性能がさがること。

古い住宅の小屋裏に入ると、湿気で真っ黒に汚れたグラスウールが出てくることがあります。

また、ガラス繊維ですので、触るとチクチクする上に、水で洗ってもとれないのでご注意ください。

勘違いされがちですが、アスベストとは異なり発がん性はありません。

 

 

2の発泡系はスタイロフォームやミラフォームが有名です。

繊維系よりも少し高価ですが、体積当たりの断熱性能は少し高いです。

原材料や製造方法は発泡スチロールとよく似ています。

水を吸いにくく、カッターでも簡単に加工することができます。

手で触っても問題ないので、模型の材料に使われたりもします。

 

 

3の天然素材系はほとんど使用することはないですが、羊毛やコルク等です。

かなり高価になりますが、人体や環境に優しいのが特徴です。

炭化コルクには、消臭やダニ除けといった効果もあります。

 

 

 

断熱材の使い方

どんなに高価な断熱材でも、正しい使い方をしなければ効果を発揮しません。

施工のポイントは次の3つです。

 

断熱材は隙間なく詰めることが大切です。

一か所でも断熱を怠っている箇所があると、熱は自由に出入りしてしまいます。

古い家では断熱材をそもそも使っていないとこもあります。

また、断熱材を詰めすぎりのはNGです。

グラスウールなどは、最初はふわふわしています。

空気の層をたくさん確保することで、断熱性を上げているので、押しつぶしてしまうと断熱効果が下がります。

 

壁や天井の断熱はもちろんですが、窓の断熱も大切です。

LIXILの研究では、住宅の熱損失の70%は窓からと言われています。

内窓の設置や、二重サッシの使用もひとつの方法です。

夏の暑さ対策の場合は、シェードやオーニングを窓の外側に取付するのも便利です。