ツーバイフォーと在来工法について

新築を建てられる方は、ツーバイフォーと在来工法について、気になる方もいるのではないでしょうか?

ツーバイフォー(2×4)と在来工法、どちらが良いのか?という質問は多くあります。

 

どちらも住宅の建て方の一種ですが、一度住宅を建ててしまうと、後から工法を変えることは困難です。

ずっと同じ間取りで暮らすことができれば良いですが、後から間取りの変更をしたい場合に、工法によってはできないこともあります。

今回は、ツーバイフォーと在来工法のそれぞれのポイントをご紹介します。

 

 

 

ツーバイフォー

ツーバイフォーは最もメジャーな木造の枠組壁工法の一つ。

私たちが「ツーバイ」というときは、この枠組壁工法を指すときも多いです。

2インチ×4インチの構造用製材を多用することが、名前の由来です。

最近では、ホームセンターでもツーバイ材は手に入るようになってきました。

 

もともとは開拓時代のアメリカで、自分たちで家を建てるために生まれました。

簡単に強固な家が建てられるので、その後広く普及しました。

ツーバイフォーの本質は壁や床に全体的に構造用の面材を貼っていき、面全体で家を支えることにあります。

 

よって、壁を開口したり、動かして間取りを変えるリノベーションとの相性はあまりよくありません。

 

 

 

在来工法

在来工法は正式には、木造軸組工法と言います。

在来工法という名前でよく誤解されますが、伝統的な建て方そのものではなく、戦後に発達しました。

在来工法の特徴は柱や梁といった線で家を支えることです。

 

柱と筋交以外は構造に影響しないので、壁を抜いたり間取りを変更するのが容易です。

リフォームとの相性は良いのですが、家の性能は建てる職人の技量に左右されがちです。

ツーバイフォーの方が施工がシンプルな分、施工精度は安定していると言えます。

 

ツーバイフォーにも在来工法にも、メリットとデメリットがあると言えます。

 

 

 

壁の位置を動かす、壁を抜く

今回は、住宅工法について説明させていただきましたが、共通しているのは構造に関わる部分を壊すのはNGということです。

たとえば、筋交を取り壊したい場合は、構造の検討を行い、別の箇所に移設するといった対策をとる必要があります。

 

筋交を切ってダクトを通してあったり、耐力壁の面材に穴を開けていたりといった例は多数あります。

建築図面を確認するのが一番ですが、築年数の経っている住宅の場合は図面を紛失しているケースも多いです。

 

そのような場合、トラブルを起こさないためには、しっかりとした事前調査が必要です。

壁を部分的に開けて中を確認したり、天井裏に入って構造を確認したりといった調査を行います。