ソファを製作しました

最近は家具屋さんも大型化しているので、既製品の家具も種類が多く値段も安いです。

ただし、どうしても良いものが見つからない・・・

自宅にぴったりのデザインのものが欲しい・・・

というときは造ってしまうのも手かもしれません。

 

今回は大工工事で家具を造りましたので、その模様をお伝えしたいと思います。

オーダーメイド家具に興味のある方や、DIYで作ろうと思っている方の参考になればと思います。

 

 

ソファ作成

まずは図面を書きます。

施主様のお話を聞いて、断面図や展開図を描いていきます。

この辺りは住宅と同じです。

座面の高さは380mm、ソファの幅は1500mm(2.5人がけ)、座面と背板の角度は110度としています。

 

 

材木屋さんに材料を納品してもらい、加工を始めます。

今回は松の集成材を使いましたが、天竜杉などを選ぶことも可能です。

 

 

蟻桟という加工をしているところ。

目につくところは、ビスや金物が見えないようにしています。

 

 

カドを丸く面取りします

 

 

表面を研磨して仕上げます

 

 

材料の加工が終わったら、くみ上げていきます

 

 

ウレタンクリア塗装します。

小さい子供がいる家庭の場合は、自然塗料を選ぶのも良いと思います。

その場合は、オスモノーマルクリアーがおすすめです。

 

 

背のクッションを取り付けします。

マジックテープで固定するようにいたしました。

クッションは生地にチャックを付けて、生地を取り外して洗えるようにしてあります。

 

 

座のクッションを設置します。

裏地に滑り止めを縫い付けて貰っています。

生地はグレーの編み込みタイプをお選びいただいています。

 

 

 

完成

ソファは、両脇の手すりがないデザインです。

写真下に写っている、ソファテーブルも一緒に作らせていただきました。

 

オーダー家具は、長くお使いいただけることと、壊れても修理できることがメリットです。

使う塗料や木の種類、形、クッションの色など、全部選ぶことができるのも魅力です。

逆にデメリットは、工場生産ではないので、その分費用と時間がかかることとです。

 

 

造り付けの棚をつくったり、壁に造作のベンチを取り付けすることもできます。

建築はもちろんですが、木材のことでしたらお気軽にご相談ください。