どんな効果があるの?機能性壁紙のあれこれ

クロスの貼り替えは印象を一気に変えることができる工事です。

一面を張り替えるだけでも、部屋の雰囲気が大きく変わります

 

クロスを選ぶときは、シンコールやサンゲツ、リリカラといった

メーカーのカタログから選ぶことが多くなります。

そんなとき、色や柄だけでなく機能性という視点から選ぶこともできます。

今回は、そんな機能性クロスのあれこれをご紹介いたします。

 

 

 

人気の機能性壁紙ランキング!

 

  1.  防カビ&撥水
  2.  タフ&耐久
  3.  消臭&抗菌
  4.  マグネット対応

 

 

①防カビ&撥水

トイレや洗面といった水廻りで、ほとんどの方が選ばれるクロスです。

 

洗面化粧台を交換するとき、裏側がカビだらけということもよくあります。

見えないところでカビが繁殖すると不衛生です。

防カビや撥水クロスを使うことで、カビの発生を抑えることができます。

 

 

②タフ&耐久

厚手でキズがつきにくく、子供部屋やリビングで人気のクロス。

織物調やぬりかべ調など、表面に表情のあるタイプが多いです。

 

表面に凹凸のあるクロスは、継ぎ目・ジョイントが時間が経っても目立ちにくいです。

年月が経っても縮みにくいという特徴もあります。

 

 

③消臭・抗菌

消臭機能のあるタイプはトイレや来客の多い玄関などで人気です。

 

クロス自体に調湿機能を持たせ、表面に消臭剤を加工することで、ニオイを吸着・消臭します。

抗ウイルス性成分が塗布されているものは、壁紙表面に付着したウイルスを減少させます。

アレルギーの方向けの、抗アレルゲンタイプもあります。

 

ただし、一般的なクロスの貼り替えサイクルは10年程度です。

それ以上の年月が経つと、機能は低下していくので注意が必要です。

 

 

④マグネット対応

この少し厚みのあるクロスを使うと、壁に磁石を付けられるようになります。

見た目は普通のクロスですが、中に細かい鉄粉が練り込んである商品です。

リビングや台所でスケジュール表などを貼っておくときにとても便利です。

ただし、冷蔵庫にくらべて、磁石のくっつく力は弱くなります。

たくさんの枚数を重ねて貼りたい場合は、

強力な磁石を用意するか、壁にカラーめっき鉄板を貼るのがおすすめです。

 

 

 

消臭機能をお求めの方へ

とくに臭いが気になる方には、壁紙だけではなくエコカラットがおすすめです。

エコカラットとは、珪藻土のような調湿機能をもった壁材。

LIXILの製品で、タイルのようにさまざまな色や形があります。

 

 

エコカラットの表面には、空気を吸放出する穴がたくさんあるので、湿気やニオイを吸着します。

住宅には臭いには、アンモニア臭、生ゴミ臭、タバコ臭、ペット臭といったいくつかの種類があります。

エコカラットの良いところは、こうしたよくある臭いのほとんどに効果があることです。

クロス仕上げの家でも、壁のアクセントとして一面のみ設置される方が増えています。