【新築工事⑤】捨てコン/配筋

①地縄→②地盤改良→③丁張り→④掘削→⑤捨てコン/配筋

今までは基礎を打つための準備を行ってきました。

今回からは、いよいよ基礎本体を造る工程に入っていきます。

 

基礎は鉄筋とコンクリートという二つの物質でできています。

コンクリートは圧縮力に強いですが、引張力に弱いです。

鉄筋は引張力に強いですが、圧縮力に弱いです。

二つが組み合わさることで、圧縮・引張の双方に強い基礎となります。

コンクリートに鉄筋を入れないと、簡単にヒビが入ってしまいます。

 

順番としては先に鉄筋を配置してから、合板で壁を造ったあとに、コンクリートを打ちます。

この鉄筋を配置する作業を配筋と呼びます。

また、合板で壁を造る作業を型枠と呼びます。

 

 

 

捨てコン

配筋に入る前に捨てコンクリートを打ちます。

捨てコンクリートを打っても、基礎が強くなるわけではありません。

ただ、地面がでこぼこしていると配筋作業が難しくなります。

作業性を良くして、施工精度を上げるために捨てコンクリートを打設します。

捨てコンクリートの厚みは50mmです。

捨てコンが打ち終わったら、鉄筋を通す位置に印をつけていきます。

 

 

 

配筋作業

配筋は基礎で最も大切なポイントの一つです。

使う鉄筋は、太さやつなぎ方、間隔などが細かく指定されています。

たとえば今回の場合は、使う鉄筋は13mmで、鉄筋同士をつなぐ場合は520mm以上の重なり幅をとります。

指定された鉄筋を、指定された箇所に結束機で緊結していきます。

 

鉄筋は必ずコンクリートが被るように設置します。

鉄筋がコンクリートの外に飛び出ると、錆びてしまうためです。

そのままにしておくと錆が広がり、基礎の強度が下がってしまいます。

どの場所で、どのくらいのかぶり厚が必要かは指定されています。

 

鉄筋は工場であらかじめ組んでくるやり方が増えつつあります。

ただし、今回のように複雑な形状の場合は、現場で加工しながら配置します。

 

配筋の際は、当社(施工者)側でも何度もチェックを行います。

図面通りに配筋がされていることを確認して、次の工程に進みます。

雨が良く降ったので、ポンプで排水しながらの作業となりました。

 

 

 

つぎは型枠

鉄筋の配筋が終われば、次は型枠となります。

型枠が組み終われば、いよいよコンクリートの打設です。

だんだん基礎工事の終わりが見えていきました。