【屋根だけじゃない】カーポート×太陽光発電!

既に屋根に太陽光が載っている住宅で、増設工事を行いました。

太陽光はメーカーごとに性能・値段がかなり異なります。
今回は、国内・海外各社の中からいくつかご提案させていただき、
ベストな太陽光発電を選んで頂きました。

太陽光は経産省の設備認定が必要です。
これには4ヶ月~半年程度の長い待ち時間が必要となります。
まずはカーポートを設置、認可が下り次第太陽光を設置しました。

カーポート工事(2週間)

まずは建てる場所を決めて、地面を浅く掘ります。

カーポートを組み立てたら、土間コンクリートを打っていきます。
土間コンがあると車が乗っても地面が沈まないだけでなく、
カーポートを広い面で支えるので、耐風性能が格段にUPします。

カーポートは独立基礎で打つやり方もありますが、
台風の時などで飛ぶケースがあるため、基本的には土間コンをお勧めしています。

今回は風に強いカーポートが良いということでしたので、
折半屋根(金属屋根)の物を選びました。

 

太陽光発電設置工事(1日)

経産省の認可が下りたので、太陽光の工事をスタートします。
金属屋根に架台を付けて、パネルを固定していきます。

次はカーポートの柱にパワーコンディショナーを取り付けます。
パワコンは発電された直流電気を、家でも使えるように交流に変換します。
余った電気は、自動的に電力会社へ売電されていきます。

最近のパワコンはほとんど自動で動いています。
万が一停電したときも、パワコンのシステムを連携モードから自立モードに変えることで、
こちらの非常電源を使うことができるので安心です。