こだわりポイント!|シナベニヤの塗り方・貼り方

住宅では一般的に天井や壁はクロスで仕上げられます。

これは石膏ボードの上にクロスを貼るやり方です。

 

ただし、デザインのアクセントとして合板を貼ってそのまま仕上げとすることもできます。

今回はそんな合板の一つ、シナベニヤをご紹介したいと思います。

 

 

 

シナベニヤとは?

大工工事では多種多様な合板を使います。

ラワン合板、ベースパネル、ラーチ合板、OSBボードなどなど・・・

 

サイズは全て同じで、さぶろくと呼ばれる3尺(910mm)×6尺(1820mm)となっています。

 

※尺というのは昔の日本の単位で、建築関係ではメートル法よりもよく使われます。

シナベニヤもそんな合板のひとつ。

榀|しなの木をもとに作られているため、他にはない白くてキメの細かい表面を持っています。

美しい表面を生かして、オーダー家具の材料として使うこともあります。

 

ホームセンターでもまれに見かけますが、材木屋さんで購入するのが簡単です。

建材はネットで購入すると割高なので、直接足を運ぶのがベストです。

なお、厚さは4mmと5.5mmが一般的です。

 

 

 

下準備

榀の木は柔らかく、もともと耐久性に関してはあまり高くありません。

 

触ると皮脂ですぐ汚れるため、何かに使う前に塗装でコーティングが必須です。

せっかくの美しい表情を見せるためには、クリア/透明色で塗装するのがおすすめ。

 

塗料にはツヤ消しとツヤ無しがありますが、ツヤ無しの方が無垢の木の感じが出やすいです。

こちらはオスモ社のノーマルクリアー色で塗っているところ。

注意したいのは塗り方です。

一般的な塗装では、ハケやローラーを使うことが多いですが、

仕上げなので、なるべくハケ跡を残したくありません。

 

そんな時はコテバケが便利です。

スポンジとコテを組み合わせたような形をしており、

広い面を早くきれいに塗ることに特化しています。

 

シナベニヤは下塗り・上塗りの二回塗装で十分です。

 

 

 

貼り方

シナベニヤを貼るのは、大工の仕事です。

ボンドとタッカー/頭の細い釘で施工します。

クリア塗装なので、一般的な頭の大きな釘やビスでは目立ってしまうためです。

 

今回は正方形にカットしたものを、タテヨコの市松模様に貼っています。

タッカーを打つときは、壁に垂直に打つのではなく、ハの字になるように打つことで、壁から抜けにくくなります。

タッカーが無い場合は、ボンドが接着するまで固定できれば何でも結構です。

 

自分の家だけの、デザインのこだわりポイントが完成しました。

 

 

 

焦らず丁寧に・・・

シナベニヤはそのままで壁の表面になるため、技量の見せ所です。

この作業は親方の木下さんに担当してもらいました。

 

市松模様に貼るときは、突きつけと目透かしという二つの手法があります。

突きつけはベニヤ同士をすきまなく貼ること。

目透かしは少し間隔をあけて貼る難易度の高いやり方です。

 

 

今回は4mmの目透かしで貼りましたが、間隔を一定にすることが美しさを生み出します。

大工仕事は、丁寧さを心がけると良いでしょう。