外構・イナバガレージ 中区T様

新築のエクステリア工事を施工させていただきました。

土間コン、カーポート、ガレージ、宅配ボックスの設置になります。

前面道路が急なので、出し入れをしやすくするために侵入路部分の拡張も行っています。

全体で約1か月半の工事となりました。

 

 

 

土間コン&カーポート

目地を設けながら、土間コンクリートを打設しました。

ワイヤーメッシュ鉄筋を入れた、厚さ10cmの一般的な仕様です。

今回は面積が広かったので、5回に分けて生コンを打設しています。

 

表面は勾配があるので、滑り止めのためにハケ引き仕上げとしています。

目地には、化粧砕石を入れています。

 

 

 

イナバガレージ

今回の工事のメインでした。

まずは、基礎を打って土間コンを打設しています。

土間コンは屋外とはことなり、金鏝仕上げで1%勾配としています。

写真左上に写っているのは、ホースリールです。

 

 

屋内と屋外の境には、水返しを設けています。

水返しは面取りしていますので、ほとんど気にならないと思います。

土間コンクリートは写真奥が屋内側で、金鏝仕上げです。

写真手前の屋外側は、ハケ引き仕上げです。

雨がかりしない箇所は金鏝仕上げとしています。

 

 

建方(ガレーディア本体の組み上げ)が終わったら、断熱を入れていきます。

スチールガレージは結露があるので、断熱を入れると効果的です。

最後にOSBボードを貼って仕上げています。

OSBボードはチップを圧縮して作られているので、ざらざらしており正直肌触りは良くありません。

ただし、石膏ボードはことなり、それ自体が構造用合板として強度を持つという利点があります。

つまり、後から棚やフックを取り付けするのが容易です。

 

 

最後に照明やLAN、換気扇、エアコンといった電気設備類を設置します。

コンセントとスイッチのプレートは、金属プレートを使っています。

汎用のコスモプレートよりも、ガレージの雰囲気に合うので指定して取付しています。

コンセントとLANをテスターで検査して終わりになります。

イナバの断熱工事は近年人気があり、施工数も増えてきました。

 

 

 

宅配ボックス

人気のユニソンの宅配ボックスです。

ご希望があったので、柱にモニターフォンの子機を取り付けしています。

母屋からは、土中に埋設配管を設置して、室内親機からの信号線を引き込んでいます。

土中で柱の中に電線管を入れて立ち上げて、子機までつながっています。