和室→畳スペース+収納部屋 磐田市O様

6畳の和室を半分にする間取り変更工事を行いました。

リビングに面した3畳を畳スペース。

廊下に面した3畳を収納部屋に分割しました。

 

 

6畳の和室の真ん中に、間仕切壁を製作しています。

工事は2週間で完了しました。

 

 

 

 

畳スペース+収納部屋

畳スペースは、人気の正方形の縁なし畳を使いました。

この畳は、通常のイグサでは無く、和紙で編みこまれています。

和紙畳はカビや色あせに強く、長く使えるというメリットがあります。

リビングの隣なので、延長された空間として使うことがでいます。

 

 

天井には見せるための梁である「化粧梁」を3本設置しました。

白っぽい木肌が好きということでしたので、桧の90mm角を使いました。

化粧梁の間には、ダウンライトを設置しています。

ダウンライトにはコントローラーを付けて、明るさを自由に変えることができます。

 

 

床には換気用のガラリを取り付けることで、風が流れるようにしています。

カビや湿気対策としても効果があります。

 

 

収納部屋の方は、棚を製作しました。

「重いものを載せるかも」ということでしたので、材料には30mmのパイン積層材を使いました。

棚の奥行は50cmで、押入の2/3程度となり使いやすい寸法です。

 

 

収納部屋の入口にあったフスマは撤去しました。

新しく、白い木目の引戸を製作して取付しています。

 

 

鍵付き戸にすることで、来客の方が間違えて収納部屋を開けないようにしています。