キッチン交換の費用とおすすめの選び方

キッチン交換の費用

今回は特にお問い合わせの多い、キッチン交換の工事についてご紹介します。

毎日使う場所なので、効果の実感しやすい花形のリフォームです。

壁付け→アイランド型や、I型→L型といったこともできますが、

今回はオーソドックスなI型→I型の取替工事についてお話します。

 

 

キッチンの選び方

建築業界の費用は、たいていの場合

材料費(キッチン本体代)+施工費+諸経費=総額

となっています。

 

キッチンも同じで、基本的にメーカーやグレードを選ぶことから始めます。

浜松の場合、LIXILやクリナップ、TOTOといったショールームがありますので、

実物を見に行くのが良いでしょう。

 

なお、ショールームで表示されるのは定価価格です。

実際には定価よりも値引きされてメーカーから入荷してきます。

一般にグレードの高いキッチンほど定価も高いですが、値引率も低くなるという特徴があります。

 

コンパクトなキッチンなら総額で60万円前後のものもありますが、

上級グレードのキッチンなら本体だけで100万円を超えるものまで様々です。

 

 

 

工事費の内訳

一般的な施工内容としては、

キッチンの撤去と取付・給排水工事・ガス工事・電気工事

を行う必要があります。

 

古いキッチンを撤去・処分した後は

キッチンの形に合わせて、図面で指定された場所に給水管や排水管を移動させたり、

ガスコンロをつなぐ工事を行っていきます。

メーカーやグレードによって千差万別ですが25万円~35万円程度が一般的な工事費です。

 

この他に、

IH調理器を導入する場合は、200V配線を引く電気工事

食洗器があるキッチンの場合は、追加の給排水管を引く工事

などの追加工事が、それぞれ必要になってきます。

 

 

 

まとめ

工事内容は、それぞれの住宅によって全く異なります。

弊社でおすすめしているキッチンの選び方は次の通りです。

 

①現地調査

どのようなキッチンが設置可能か、搬入経路は確保できるか等、

まずは現地調査をした方が良いでしょう。

 

②ショールームへ

現地調査をした後は、採寸図をお渡ししますので、

それをもってお好きなショールームへ行ってみて下さい。

メーカーの担当者から、ご自宅に合うキッチンを案内してもらうことができます。

オプションや金額などの詳しい説明を受けることができるので、

できる限り事前に予約した方が良いでしょう。

 

③見積書で検討

ほとんどのショールームと連携していますので、あとはお待ちいただくだけで結構です。

価格データを受け取り次第、見積書を用意してお渡しいたします。