DIYで天井スピーカーを設置しよう!

会社の事務所で天井付けタイプのスピーカー増設工事を実際にやってみました。

作業自体は、私(現場監督)と職人の2名、2時間程度で完了しています。

 

少し難易度が高いかもしれませんが、天井スピーカーからも良い音が出るようになりました。

今回は、その工事の様子をご紹介したいと思います。

 

 

天井付けスピーカーをトイレに設置、まずはプラニング!

弊社ではもともとオフィス部分でBGMを流しています。

別の部屋(トイレ)でも流せるようにしてほしいと言われたことが、今回のきっかけでした。

 

2階にアンプがあり、スピーカーの設置場所は1階のトイレです。

せっかくなので配線を隠してキレイに仕上げたいところ。

1階の天井裏にケーブルを設置して見えないようにする事に決めました。

天井裏はある程度のスペースがあるので、こういった用途にはぴったりです。

 

まずは職人と話しながら、断面スケッチを描いて必要な作業を考えていきます。

大きく分けて、

①スピーカーをはめ込むための穴を天井に開ける

②天井に作業用の点検口をとりつけ、アンプから出た配線をスピーカーまで送る

の工程が必要だと分かりました。

 

 

 

アンプからスピーカーへケーブルを通そう!

まずはアンプからでたケーブルを通すための穴を開けます。

穴の大きさはケーブルが傷つかないように、大きめの10mmとしています。

 

一般的なフローリングの床なので、インパクトドライバーがあれば大丈夫です。

こういった長めのドリルビットがあると、狭い場所でも便利です。

 

さきほど穴を開けてケーブルを通した床の真下に、天井点検口を取り付けます。

点検口は取り外しができるフタのこと。

今回は片手が入るくらいのサイズのものを用意しました。

取り付ける前に、天井のクロスと同じクロスを点検口にも貼っておきます。

あとあとのメンテナンスでも活躍しそうです。

 

天井を開けるとケーブルが垂れているのを見つけました。

金具で梁にとめながら、目的地であるトイレの天井裏の方へ送っていきます。

 

スピーカーの大きさに合わせて、天井に穴を開けます。

開けすぎると見栄えが悪いので、まずは少し小さめに円型に穴を開けます。

スピーカーを当てながら少しづつ広げていきます。

 

最後に配線を接続し、天井にはめ込むことで完了となります。

 

 

 

スピーカーごとにアンプが必要!

当初、トイレに設置したスピーカーと事務室のスピーカーを一台のアンプで出力していました。

実はアンプでは、スピーカーごとに音量を変えることはできません。

つまり、事務室に合わせた音量では、室容積の小さいトイレでは音が大きすぎます。

 

この問題は、事務室のスピーカー用とトイレのスピーカー用の二つのアンプを用意することで解決しました。

アマゾンで評判の良かったLEPYという中国製アンプを購入しました。

 

音源はタブレットです。

アンプへ送る配線を途中で分岐することで対応しました。

 

一台のアンプにつなげるスピーカーの容量は、予め決まっています。

アンプを長く使うためにも、スピーカーごとにアンプを用意することをお勧めします。