これから新居へ住む方へ|シロアリ&雨漏りに注意!

9月は新居のお引渡しが4件ありました。

新しい暮らしのお手伝いをできたこと、大変うれしく思います。

今回はこれから住宅に住み始める方へ

とくに気を付けて欲しいポイントを二つご紹介いたします。

 

 

 

雨漏りについて

雨漏りはよくあるトラブルですが、

比較的気が付きやすいトラブルでもあります。

 

気が付くのが早いほど被害を抑えることができます。

古い住宅程雨漏りしやすいと思われがちですが、

新しい住宅でも雨漏りすることがあります。

新築2年目というお施主さまで雨漏りしているケースもいらっしゃいました。

大雨の時天井や壁にシミができる場合、雨漏りしていることが多いです。

 

雨漏りが判明したときは原因を調査します。

屋根材が破損して小屋裏(屋根裏)から流れ込んでいるケース。

ベランダの防水処理が甘いため水が入っているケース。

ときには怪しいと思われる箇所に水を掛けたり、

外壁を剥がしたりすることで原因を探します。

床や天井に点検口がある場合は定期的に確認すると安心です。

 

 

 

シロアリについて

シロアリも見たことが無い方が多いと思いますが、

大工工事をやると必ず目にするトラブルです。

こちらは昨日撮影した写真。

 

木に開いている穴がシロアリの通った跡「蟻道」です。

 

シロアリは表面からではなかなか見つけにくいですが、

被害が見つかったときは、なるべく早くご相談ください。

 

シロアリは湿った場所を好むので、

押入れの隅にカビが生えているといったときは注意が必要です。

床が柔らかい場所があるといった場合は要注意。

家の構造を支える躯体部分に被害がいく前に、止めなければなりません。

薬剤を散布してシロアリを除去した後に、

被害にあった木材を交換していくことで修理します。

シロアリは一種類ではなく、薬剤の種類も対応して用意されています。

施工実績のあるしっかりとした業者を選ぶようにしましょう。

 

雨漏り・シロアリともにいきなり被害が深刻化することはありません。

点検口を使った定期的なチェックと、

怪しいと思ったときは早めの相談が必要です。