在来浴室!浴槽のみ交換のやり方

お風呂には種類が二つあります。

 

最近のお風呂はユニットバスがほとんどです。

プラスチックのようなFRPという素材でできており、

工場で作られたものを、現場で組み立てて使うようになっています。

 

 

もう一つは上の写真のような在来浴室

オーダーメイドで、現場で浴室を一から作り上げてお風呂のことです。

コンクリートで形をつくり、石やタイルを貼って浴槽をはめ込んでいきます。

大きさや素材の自由度の高さが特徴ですが、こうした在来浴室は少なくなりつつあります。

 

在来浴室からユニットバスへの交換工事はリフォームの定番。

ただし、まだまだ使える場合は、メンテナンスをして使っていくのも良いでしょう。

今回は、そんな在来浴室のリフォームを紹介します。

 

 

 

在来浴室の浴槽交換

在来浴室の浴槽だけを交換する工事です。

もともとは石張りでステンレスの浴槽でした。

広い間取りを生かしつつ、使いやすさを良くします。

 

 

まずは、床を解体。

浴槽まわりのコンクリートを、機械を使って壊していきます。

ユニットバスに交換する場合はさらに深く掘ります。

一番時間がかかる作業です。

 

 

新しい浴槽を入れて、レンガで囲い防水をしていきます。

在来浴室はユニットバスに比べて、水漏れする可能性が高いです。

丁寧に施工することが大切といえるでしょう。

 

 

最後に、タイル職人が床と壁にタイルを張って完成です。

もともとあった浴槽よりもサイズは大きく。

深さは浅く、ゆったり過ごせるようになりました。

在来浴室をユニットバスにすると、おおよそ100万円かかります。

今回のように浴槽だけの交換にすると、予算を大幅に抑えることができます。

 

 

在来浴室は自由度が高く一点モノがつくれるため、最近では建築家の方があえて在来浴室を選ぶケースも増えています。

工事のやり方は一つではありません。

自分の家にあったベストなやり方を見つけることが大切です。