家が寒い時の対策!断熱編

ケイズでは4人の現場監督でそれぞれ工事を担当しています。

 

1月の施工予約がだんだん埋まってまいりましたが、

中でも多いのが、「家が寒い」というもの。

 

今回は12月の実際の施工事例の中から、

解決のヒントをご紹介いたします。

 

 

 

天井断熱を追加!

天井の裏に断熱材をあとから敷く方法です。

夏の暑さ対策にもとても有効。

 

隙間があると断熱効果が半減してしまいます。

まんべんなく敷き詰めることがポイントです。

こちらは厚さ100mmのグラスウールを敷いているところです。

 

 

 

床下断熱を追加!

床の下に断熱材を、あとから張り付けるやり方です。

スタイロフォームと呼ばれる板状の断熱を使いました。

下の写真で上の水色の部分がスタイロフォームです。

床が12mmの合板で、その下は45mmの木材(根太)です。

この根太の間に隙間なく下から打ち付けています。

 

こうした断熱材を施工する職人は大工です。

 

今ある床を壊すことはできません。

まず、部屋の中央に床下に入る穴を空けます。

一人が床下に潜って、もう一人が地上で切るというやり方。

 

工期は1日、家具もそのまま移動せず終わりました。

 

 

 

効果はすぐ、はっきりと!

断熱材は家の暑さ・寒さ対策の基本です。

残念ながら、断熱材が必要な箇所に無いケースも見られます。

今回の工事では、施主様が「こんなに暖かくなるものなんですね」と驚かれていました。

家の中で暑すぎる・寒すぎると感じる場合は、検討してみてください。

相談されるときは、ご自宅の図面をお持ちいただくとスムーズです。

平面図・断面図・矩計図など。