インテリアデザイン|埋め込み式アクアリウム!

アクアリウム。ご存知ですか?

熱帯魚を飼育することをアクアリウムと呼ぶそうです。

今回はこのアクアリウムを行うお客様から、相談をいただきました。

飼っているアロワナが大きくなってきました。
新しく大型水槽を置きたいのですが、ネットで調べたら補強が必要なことが分かりました。

そういう補強工事はできますか?

A 住まいのことなら何でもご相談ください。

職人による技術力で、他ではできない工事も承っています。

今回はピアノ用の耐荷重技術と耐震補強の技術を組み合わせます

アロワナというのは淡水魚のうちでもとくに大型に成長する種類の魚。

70cmを超えるものもあるそうで、飼育する水槽も120cmクラスの大きなものになります。

性格が穏やかでペットとしては人気だそうです。

 

 

 

構造の考え方

問題は、水を入れた水槽が非常に重いということ。

水とアクリル水槽だけでも270kg近くになります。

 

住宅の居室、住宅以外の建築物の寝室または病室は1800N/㎡の耐荷重を持って設計されています。
(建築基準法施工例第85条)

1800Nとは183.6kgです。

つまり居室床は、理論上は1平方メートルあたり約180kgのものを載せることができるといえます。

 

180kg/㎡というと1平方メートルに大人約3人。

15畳のリビングなら大人74人分の荷重があるくらいの感覚でしょうか。

 

そのまま設置するのは難しいですが、床下を補強し重量を分散させれば耐荷重は問題なさそうです。

長期間置くことを考慮し、床下を開口して構造を確認します。

根太・大引・束といった床下用構造材を追加して基礎から直接支えるようにします。

 

施工のポイントはとにかく水平を正確にとった上で、床下補強を行うことです。

近くにない場合は、床下点検口を付けておくのをお勧めします。

今後のアフターサービスで、点検も行いやすくなりますね。

 

 

 

デザインを大切に

当初はそのまま床上に設置する予定でした。

ですが、地震でも水槽がずれないように、壁を作って中に水槽を埋め込むようにいたしました。

 

水族館やダイニングバーみたいな感じになりますね。

一般の住宅ではかなり珍しいデザインです。

 

メンテナンスのことも考える必要があります。

壁の一部を両開き扉として、餌やりやフィルターの交換などを簡単に行えるようにしました。

壁に貼るクロスは水回り専用のものから選んでいただいています。

通常のクロスと同じ値段ですが、防カビ・ウレタンコートがされている優れものです。