【北区】スレート屋根・板金修理

最近になって屋根の形がおかしいことに気づき、お電話いただきました。

登って調べてみると、切妻屋根の上端「棟板金」が飛んでいました。
そのままにしておくと、漏水の原因になるためすぐに修理が必要です。
以前の棟板金はトタン製でしたが、今回はガルバリウム製のものを再取付。
強度と耐久性が大きく上がったので安心です。

保険で対応するため、施工前・施工後の写真撮影も併せて依頼いただいています。

Before

棟板金は全て飛んでおり、貫板が見えてしまっています。

After

新しいスレートは少し色が明るいですが、次第になじんでいきます。