【カーポート】建てるまえに知って欲しい3ポイント!

浜松は風が強い地域です。
昨年の台風の被害ではカーポートの被害もかなりありました。

ポリカーボネートと呼ばれる屋根材の破損はすぐに修理できます。
ただし、柱が折れたりすると新品と交換になることも。

今回はカーポートを作るときのポイントをご紹介します。

土間コンクリートを打とう!

カーポートは地面に柱を差し込みます。
メーカーにもよりますが、おおよそ50cm程度埋めるのが一般的です。

そのままだと倒れてしまうので、柱の廻りにはコンクリートの基礎が必要です。
できれば、カーポートの下全体を土間コンクリートで覆ってしまう方が良いでしょう。

まずは地面を掘削。
下半分は砕石を入れて、上半分にコンクリートを流し込みます。
中にはワイヤーメッシュ鉄筋を入れるので、強度も上がります。

なお、コンクリートは大雨が降っていると打つことができません。
大量の水がコンクリートに混ざると、強度が下がってしまうためです。
ただし、打設後は乾燥が厳禁なので散水することも。
天気を見ながらミキサー車の手配をすることが大切です。

なお、コンクリートの手入れは、中性・アルカリ性と書かれた洗剤を使ってください。
酸性洗剤はコンクリートを傷めてしまうので注意が必要です。

 

サイドパネルはメリットだけではない!

カーポートの側面につける、風除けの塀をサイドパネルと呼びます。
視線を遮ったり、雨が入ってくるのを防ぐ効果もあります。

ただし、浜松は全国的に見ても風が強い地域です。
サイドパネルをつけると、風の影響をダイレクトに受けることに。

特に片持ちタイプのカーポートの場合。
台風などで耐えきれなくなると、柱の根元で折れることがあります。

お住まいの地域や設置場所をきちんと観察し、
風の強さを予測することが大切です。

カーポートの高さにも注意!

車を買い替えたので、カーポートの高さが足りなった。
高さを高くしてほしいという依頼がときどきあります。

建てる前なら高さを変えるのは柱を交換するだけです。
ただし、一度建ててしまうと、屋根と柱をすべて撤去した上でコンクリートをはつる必要があります。
新設するのと同じくらい掛かってしまうことも。

カーポートの高さで迷ったときは、高い方を選ぶのがおすすめです。

標準柱(2m程度)とロング柱(2m30cm~)を選べる場合、ロング柱の方が良いかもしれません。

 まとめ

  • 基礎は基本的に土間コンクリートを打とう
  • サイドパネルは理由がなければつけない
  • 高さで悩んだら高い方を選ぶ