【塗るだけじゃない!】外壁塗装で大切なポイント!

私たちケイズは塗装ミスによる雨漏りの補修大工工事もよく施工します。

10年に一度が目安と言われる外壁塗装ですが、やり方も様々。
最初の見た目は同じでも、塗り方によってはあとあと差が出ます。

住宅を建てる側としては、雨漏りは最も怖いものの一つ。
外壁塗装をするときに、大切な三つのポイントを紹介します。

①足場→高圧洗浄

すべての始まりは仮設足場を組むところから始まります。
足場のも技術があり、組み方で塗りやすさも変わるので、
決まった足場屋さんがいる場合がほとんどです。

足場が組み終わったら高圧洗浄を行います。
屋根の上は苔やカビが広がっていることも・・・
今まで蓄積されてきた汚れを落とすと、塗料のノリも良くなります。

②シーリング工事

外壁と外壁の間のシーリング(ゴムのようなもの)を知っていますか?
シーリング工事とは、古いシーリングを切り取り、新しく打ち直すこと。

 

このシーリング工事、していないケースをときどき見かけます。

漏水で最もよくあるのは屋根材の破損ですが、次はこのシーリングの劣化です。
シーリングのヒビが大きくなると、そこから水が入ってきます。

足場を組んでいるタイミングで、一緒に工事を行うのがおすすめです。

ちなみに、古いシーリングの上に、そのままシーリングを打つやり方もあります。
ただ、きちんと劣化したものを切り取って、打ち直す方が長持ちします。
私たちは基本的に、この打ち替えというやり方で施工しています。

③塗装工事

足場工事とシーリング工事が終わったら、やっと塗装が始まります。

基本的には、下塗り→中塗り→上塗りの三回塗っていきます。
下塗りは下地調整のため。
中塗りと上塗りが、お選びいただいた仕上げ用の塗料になります。

使用する塗料はシリコン2液型が標準です。
施工が簡単な1液型もありますが、2液の方が耐久性は高いです。
海に近かったり厳しい環境の場合は、より耐久性のあるフッ素塗料を使ったりもします。

番外編:縁切り

ここからは、スレート屋根の方のみに関係するお話です。

雨水は、強風時や大雨など想定外の雨が降ったときに、
スレートの下にも水が入り込むものです。
雨水が排出できなければ、屋根下地の腐食、しいては雨漏りに繋がるのです。

スレート瓦同士に専用の部材を入れてスキマをつくり、水を排出しやすくすること。
この工事を縁切りと言います。
写真のとおり、このスキマは外からはほとんどわかりませんが、大切な作業です。