【10分で読める】分かる、はままつのリノベーション!

リノベーション=スタンダードになる。

ほんの少し前まではマイホーム=新居があたりまえでした。

最近では古い→悪いというイメージも変わり、
こだわりを反映することのできるリノベーションが人気です。

弊社でもここ数年で、中古×リノベーションの依頼が増加中。
現在では、工事の中で最も高い割合を占めるようになっています。

お客さまは住宅一次取得者が大半。
20代~30代の夫婦、もしくはお子様のいるような若いファミリー層です。

リノベーションが、これからの「住まいのスタンダード」になる、そんな予感がします。

中古物件の見た目よりも大事なこと。

インテリア(内装)はキッチン・風呂・トイレ・洗面台などあります。
全て新品に変えることができます。

たいていの中古物件は内装に汚れがあります。
しかし、リノベーションでは全く問題ないということを覚えておいてください。
間取りを変えることも可能です。

中古物件を探すときは「変えられない事」を念頭におくのが大事です。
よくあるポイントは周辺環境と住宅の構造部分です。

①周辺環境

日当たりや騒音、街並み。マンションなら管理状況などです。

②住宅の構造部分

建物の躯体部分です。ここに問題があると直すのが大変です。
柱に白蟻被害や雨漏り、クラックがないかなど。
売主の瑕疵担保責任に含まれているものもありますが、問題のある物件は避けた方が良いでしょう。

物件価格+リノベーションを総合的に考える。

リノベーションだからと言ってすべてを交換する必要はありません。
古く使い勝手の悪い部分を交換して、あとは壊れたら交換・・・ということも可能です。

ほとんどの住宅ローンは、物件とリノベーション資金をトータルで組めるようになっています。
物件の内見時に呼んでいただければ、
「だいたいいくらかかるのか」というアドバイスをすることも可能です。

リノベーションはアフターサービス。

住宅は建ててからが本番です。
建具の開き具合の調整や照明の交換などなど・・・
細かい不具合やトラブルは必ずといってよいほど起こります。

そんなとき、建てた後もフォローしてくれるかという点を見ておくことも大切です