【これから始める方へ】リノベーションをする前に・・・

「リノベーション」という言葉を、既に知っている方も多いと思います。
大規模で家全体を新しくするような改修工事のことです。

最近増えてきているのが、中古物件を購入後、
リノベーションをして新居として住むご家族のお客さまです。


こうしたリノベーションの申込は毎月来ており、
既に昨年からリフォームよりも多くなっています。

このリノベーションには良いところも多いですが、
知っておいた方が良いこともあります。

今回はリノベーションをメインにしている工務店として、
そのポイントを紹介したいと思います。

 

リノベーションの良いところ

コストを抑えつつ自由な設計をすることができる
これがリノベーションの大きな魅力です。

建売りの新しさも良い点ですが、
自分の家だからこそ自分だけのデザインとしたい方も多いです。

2つの部屋を1つの大きな部屋にしたり、間取りの変更も可能。

リノベーションでは建物の基礎や躯体をそのまま使うので、
コストが低いのも人気な点です。

 

リノベーションで覚えておきたいこと

人気のリノベーションですが、知っておきたいこともあります。


まずは躯体に問題がないことが前提であるということ。
躯体というのは建築物の構造体を指します。

例えば通し柱にシロアリの被害がある・・・となると、
一度壁を壊して薬剤を散布、被害のある柱を交換しなければなりません。
これでは修理に多額の費用がかかってしまいます。



次に、築年数に応じて劣化しているところがあるということ。
リノベーションは新築と違ってすべてを新品にするわけではありません。
交換したところと、既存のものをそのまま使ったところの両方があります。

そのままにした箇所は、耐用年数を過ぎていれば不具合がおきることも。

購入後、細かい故障のフォローやメンテナンスをきちんとしてくれる業者を、
できれば住む前に見つけておいたほうが良いでしょう。


最後は、住むまでに時間がかかるということ。
内外装すべてに手を入れるような工事だと、2か月かかることも珍しくありません。

工事中は住むことができないため、その分の仮住まいを確保する必要があります。
引越希望日が決まっている場合は、先に施工業者へ伝えるようにしましょう。

順番で工事をさせていただいていますが、
期間が確保できなければ、残念ながらお断りすることもあります。

スケジュールを立てた上で、プランを考えていくのがポイントです。