長屋×リノベーション【その5・中庭を作ろう!】

今回のリノベーションは大きく分けて三つの特徴がありました。

①トップライト(天窓)
②吹き抜け
③中庭

いよいよ3つ目の中庭が出来上がってきました。

中庭を作ろう!

中庭を造るのは、玄関を入って正面の空きスペースです。

屋内に庭のある家はコートヤードと呼ばれます。
造るのは難しくありませんが、あまり一般的には普及していません。

今回は、「長屋」という外が見にくい環境であること。
そして、プライベート空間との間仕切りという意味をこめて、小さな庭を造ります。

今回は庭に敷く石は割栗石と呼ばれる大型の砕石を使います。
ひと粒が20cmくらいの、手のひらよりも大きい迫力のある石です。

普段はベタ基礎の下地調整でつかうような石ですが、今回は庭石として。

大きさに比例して重いので、念のため床下地を補強しておきます。

なお、ピアノ等大型のものを置く際は、床の下地の補強が必要です。
一般的な住宅は180kg/㎡を基準にされていることが多いです。
アクアリウムの水槽なども重いので、置く際は注意してください。

 

なお、奥の部屋とは飛び石でつながっています。
ケイミューの内装用スレート素材を、飛び石として使いました。

庭の左部分は、竹のルーバーを目隠しとして配置。
右部分は、今は木枠だけですが、ガラスがはめ込まれる予定です。
安全のことを考えて、もちろん強化ガラスに。
万一のときには粉々に割れるため、怪我をするリスクが低くなります。

来客の方にモミジを楽しんでもらえると良いですね。

 

追加工事編:家具を作ろう!

施主様から追加工事の依頼がありました。
今まで使っていた机が、デザインと合わない気がするとのこと。

確かに、和風の部屋に洋風の意匠は違和感があります。
家具屋も見たそうですが、ぴったりのサイズがありません。

今回はローテーブルを、私たちで製作させていただくことになりました。

オーダーメイドの家具はあまりなじみがないかもしれません。
ですが、細かい寸法の調整ができるのはメリットのひとつ。
思い通りの大きさになるので、スペースを有効活用することもできます。

今回は家具としては定番、楢(ナラ)の一枚板を使います。
切り倒した木をタテに薄くスライス。
そのあとに、やすりで磨きをかけて表面をつるつるにしていきます。

最後に透明なニスを塗って、机足を取り付けすれば完成です。

天然木は、力強く美しいですね。
このローテーブルに相応しい部屋に、仕上げていきたいと思います。