長屋×リノベーション【その3・吹き抜け!】

施工のポイント

今回の工事には三つの大きなポイントがあります。

①トップライト(天窓)
②吹き抜け
③中庭

図面を書く際に、施主様と打ち合わせをしましたが、
この三つは、どれも以前はこの長屋にあったそうです。
ですが、時代の移り変わりとともに、無くなってしまったとのこと。

現在の技術で蘇らせることが、今回の工事のコンセプトです。

 

2階部分完成

工事も後半戦に入ってきました。
スケルトン解体が完了し、いよいよ大工工事がスタートしました。

木材を使って下地を組んで、天井や壁を作っていきます。
同時に電気工事を行い、図面通りに配線を通していきます。

照明も設置しました。
もともとは天井直付けのシーリングライトです。
これを、配線を分岐してペンダントライト2基に変えています。

シェードは手作りで竹を編んだものです。
よく見ると、仕上がりが少しずつ異なっています。

上から下へ

工事は上から下へ順番に行います。
2階部分の天井と壁を落とすと、次は1階の工事へ。

床を落として、1階と2階をつないで吹き抜けにしていきます。

順番を間違えると、室内足場を設置しなくてはなりません。
適切な順番で職人を配置、進めていくのは現場監督の仕事です。

この時注意しなければならないのは、切っても良い木と駄目な木があるということ。
2階の床下地である「根太」は切断して大丈夫ですが、「横架材」は構造体です。
構造体を切ると、耐震性が下がってしまうためそのままにしておきます。

 

私が作りました。

こんにちは、ケイズの職人の増井です。
この長屋の現場では、職人代表として内装関係を担当しています。

今回は、現場監督と設計者、大工・塗装・電気・クロスなどはすべて社員です。
一体となって、スピード感をもって工事を進めることができました。


作っていて思っていたのは、最初は白いクロスは少し地味ではないかということでした。
ですが、照明の光が竹の間から漏れて、クロスに美しい陰影を描いています。
光の柔らかさを感じることができるようで、逆に良いなと思いました。

また、エントランスの天井をダークブラウンで塗装とありました。
玄関は明るい色がセオリーなので、不思議に思っていました。

ですが、実際に塗ってみると、重い感じの天井の次の部屋は居室の吹き抜けです。
歩いてみると、吹き抜け部分の開放感が、より強調されるように感じました。

残りの工程も、安全第一で手抜きなく取り組みたいと思います。