【1日完了】ロードバイクを飾ろう!【お手軽リフォーム】

室内にロードバイクを飾りたいという依頼をいただきました。

ロードバイクは自転車の一種ですが、非常に高価だそうです。
お話を伺っていると、100万円近いものもあるとのこと。
鍵をかけても盗難があるそうですが、室内なら防犯面でも安全ですね。

バイクや車のガレージの施工の依頼は多いですが、ロードバイクは初めてです。

お客様は平日は部屋の中に飾り、ディスプレイとしても楽しみたいとのことでした。
二台あるため、今回はそれぞれ別の方法でとりつけることにしました。

DIYの得意な方は自作できると思いますので、是非参考にしてください。

 

バイクハンガーで壁に掛ける

1台目は自転車専用のハンガーを使いました。

IKEAのSKRÄLL(スクレル)です。
先日キッチンを仕入れに行った際に、スタッフの方が紹介してくれました。
北欧らしくシンプルで美しいデザインです。

壁に物をかけるときに注意すべきなのは、下地木材にビスを打つことです。

クロスの下にはプラスターボード、その下に下地(木材)があります。
この木材は胴縁と呼ばれるものが一般的です。
自転車など、重量があるものは下地のないところでは耐えられません。

大型の絵画や時計などを取り付ける場合も同様。
私たちプロは、必ず壁の下地(木材)を狙って固定しています。

下地の場所を探す専用の道具もあり、簡単なものはホームセンターでも販売しています。

よく壁に物を掛ける方は、購入してみるのも良いかもしれません。

 

ワイヤーで天井から吊るす

2台目はワイヤーで天井から吊るしました。
ワイヤーの先にはフックがついており、ひっかけて使用します。

今回は、押入をウォークインクローゼットにする際の加工技術を流用しました。
押入は中段を撤去して、パイプハンガーを設置するのが定番です。
弊社では、パイプが長い場合は、中間地点でワイヤーで天井から吊るようにしています。

2.0mmのワイヤーの耐荷重は240kg。
ロードバイクでもまったく問題はありません。

壁につける場合と同様、下地(木材)のある場所へワイヤーをアンカーで打ちます。
天井の木材は野縁と呼ばれるものが一般的です。
天井裏の木材の配置は、点検口からも目視することができます。


部屋の中心と壁に一台ずつ、ロードバイクをディスプレイ。
これからも趣味を通して、自分だけの暮らしを楽しんでください。