【人気上昇中!】シューズクローク【リフォーム】

シューズクロークの依頼をいただきました。
以前の現場見学会に来てくださったお客様で、同様のものをとのお話でした。

玄関は第一印象、すっきりとさせておきたいものです。
ですが、毎回靴を下駄箱にしまうのは難しいですね。

シューズクロークは生活感のあるものを、かんたんに収納することができます。

実は、シューズクロークはリフォームによって後付けできることをご存知ですか?
今回は、実際に施工したケースをご紹介いたします。


和室の押入→シューズクロークへ

和室を解体してガレージにする工事も人気です。
当初は電動シャッター付きのバイクガレージを作るプランでした。
ですが、そのままだと押入はデッドスペースとして残ってしまいます。

 

 

複雑な工事の場合、施工前に図面を作成します。

上記の平面図をもとに考えていたところ、押入の裏が玄関という点に注目。
壁を開口して玄関と押入をつなげ、シューズクロークといたしました。

不要な中段は撤去し、靴のサイズに合わせた平棚を取り付けています。

チャンネルサポートで固定しているため、高さを自由に変えることが可能。
ブーツやゴルフクラブなど高さのあるものでも安心です。


扉はオープン型?

シューズクロークを作るとき、扉を付けるかオープンにするのかが最初のポイント。
来客には見せない場所なので、扉があった方が見栄えが良いですね。
ただし、帰宅したときに必ず寄るので、オープンの方が便利です。

こうした問題を解決するために、今回はオープン型+スイングドアとしました。

スイングドアはウエスタンドアとも言い、内側・外側どちらにも押すだけで開くドアです。
目線の高さに合わせて作ってあり、目隠し・使いやすさを両立しています。

なお、開口部の形が変則的なのは、既存の筋交を切断しないためです。
耐震性能が下がることがあるため、弊社では基本的に切らない規則になっています。

 

動線に注意!

大規模なリノベーションの際は、図面を描く前に模型を作ったりします。
実際に人を動かしてみると、思わぬ問題点が見えてくることがあります。

シューズクロークで注意したいのは、「動線」。
ドアを一か所にすると、靴を脱いだ後再び玄関に出なければなりません。

そこで、シューズクロークのドアを玄関とホールの二か所に設置。
動線の上では、こうしたウォークスルータイプがおすすめです。

なお、ウォークインタイプを、ウォークスルータイプに変更する工事もできます。
自分だけの家、楽しく作っていきましょう!