【ダウンライト】位置の決め方、使い方!

ダウンライト、知っていますか?

戸建て住宅で最もよく見かけるのは、シーリングライトです。
天井にそのままとりつける、円盤型の照明です。

今回のダウンライトは天井に埋め込むタイプの照明。
ケイズではパナソニックやコイズミ製のものをよく取り扱っています。

天井がすっきりとするため、部屋が広く感じる効果があります。

 

設置の仕方

設置の仕方は天井に穴を空けて位置を決め、配線を直結させます。

一度取り付けると移動させるのが難しいため、位置を決めるときは注意が必要。
そして、取り付けの前に 天井裏にスペースがあることが必要条件です。
下地材の種類によっては、切断ができないものもあります。

また、給排水の配管がある場合は、避けた方が良いでしょう。
天井点検口があれば、開口しなくても天井裏を確認することができます

取付に電気工事士の資格が必要となるため、DIYでは難しいかもしれません。

 

ダウンライトを付けない方が良い場所

テーブルの真上につけるといった使い方はおすすめしていません。
テーブルの位置を変えると明るさが確保できないためですね。

ダイニングならユニバーサルタイプ(向きを変更できる照明)。
もしくはライティングレール(ダクトレール)の方が良いでしょう。

ダウンライトの最も大きなデメリットは設置後の移動が難しいことといえます。

 

ダウンライトの種類と配置の決め方

ダウンライトのメリットは部屋に陰影を生み出せることです。

部屋の中央にまとめて配置するだけでは、シーリングライトと変わりません。
そんな時、部屋全体に均等に配置することも一つの手法です。

家具に合わせて配置しすぎると、部屋の模様替えが難しくなります。

 

最近の照明は調光できるものが増えています。
ダウンライトは調光式に対応しているものとしていないものがあります。
照射範囲が狭い分まぶしいので、選べるなら調光式が良いでしょう。

映画を見るときは暗くするといったこともできます。
調光式の方が目に優しく、リビング(居室)に適しているといえます。

 

蛍光式やLED式のダウンライトがありますが、こちらはLED式がおすすめです。
現在は交換できないタイプのダウンライトが主流となりつつあります。

耐用年数が長くなるので、交換の手間が少なくなります。
メンテナンスのことを考えれば、LEDダウンライトの方が優れています。