【リフォームする前に】スケルトン階段の使い方!

「スケルトン階段」をご存知ですか?

スケルトン階段は、構造部分も見える形状の階段のことです。
段と段をつないでいる蹴込み(けこみ)板がありません。

オープン階段、デザイン階段と呼ばれることもあります。
なお、一般的な階段のことは「箱型階段」と言います。

木製・スチール・アルミなどを使うことが多く、既製品もあります。
上記の写真は、以前使わせてもらったPanasonicのスケルトン階段です。

なお、ケイズには技術のある職人が揃っているため、ほとんどの階段は自作しています。

建具職人の佐藤さん

新築で建具屋の出番は減ってきましたが、オーダーメイドであるリフォームでは、まだまだ主力。
一流の職人の確保は、私たちの大切な仕事のひとつです。

 

階段設置の前に・・・

一般的な「箱型階段」と比較すると、スケルトン階段は以下の点を考慮しなてくはいけません。

・落下の危険性が高くなる

ご老人・子供がいる家にはオススメしておりません。
スケルトン階段には隙間が多いので、落下の危険性が高くなります。

どうしても設置する場合は、子供が階段に登れないように工夫しましょう。

・配置場所に注意した方が良い

スケルトンである以上したから階段を見ることになります。
女性が上り下りする場合、下から見えないようにすることが大切です。

特に、傾斜が急な場合は気を付けるようにしましょう。

・コストが高くなる

通常の箱型階段では20万円程度ですが、スケルトン階段では70万円以上になります。
ケイズの事務所で使っているらせん型のスケルトン階段は100万円以上の価格でした。

また、構造を細くすればするほど、強度が必要となります。
強度のある金属はそれ自体が高価であるだけでなく、加工も時間がかかります。

・複雑な形の階段には向かない

直階段(I字型)がベストだと思います。もしくはL字階段です。
複雑な形状だとより強度が必要となり、構造部が太くなってしまいます。

せっかくのスケルトンの魅力が減ってしまいますね。

 

スケルトン階段の使い方

スケルトン階段は、開放感があるので吹き抜けと相性が良いのが特徴です。

①吹き抜け
②スケルトン階段
⑶トップライト(天窓)
は特にオススメの組み合わせです。

デメリットもありますが、スケルトン階段はとにかくかっこいい!
光や風をよく通すのもおすすめのポイントです。

おしゃれな家を考えている方は、スケルトン階段を検討してはいかがでしょうか。