【気になる疑問!】見積書と請求書の金額が違うのは?

新築もリフォームも施工前に見積書を提出し、施工後に請求書をお渡しします。
お問い合わせいただいたお客様から、次のようなご相談がありました。

新築で建てたとき、いつのまにか見積書より多く請求されトラブルになったことがあります。
今回初めてリフォームを頼むのですが、そういったことはおこりますか?

 

新築・リフォーム、どちらも対応している業者としてお応えいたします。

まず、新築のほうが見積もりもしやすいことが多いです。
規格化しやすい上に図面通りに作れば問題ないので、現場での判断はあまり要りません。
リフォームに比べると技術的な難易度も低いことが多いですね。
ですから、新築で見積書と請求書が違うというのは珍しいケースだと思います。

リフォームの場合でも請求が見積額を明らかに超えるとわかったときは、まずお客様に伝えるのが基本です。
原因の特定、図面の修正、予想金額の再計算などを実施します。

 

リフォーム 見積書と請求書の金額が異なるとき


リフォームの場合は、家の構造を見てみるまでまったく分からない箇所があります。
建築時の図面を無くしてしまったお客様もいらっしゃいます。

ただし、その場合でもどのような理由で、価格が変動する可能性があるのかという点を説明。
もしくは次の実例のように、見積書にその旨を明記します。

「○○の状態によって別途費用がかかる場合があります」といった形ですね。


また、突発的な事態で追加の経費が掛かる場合もあります。
白蟻の被害があり、間柱・管柱を取り換える必要がある。
あるいは、天井裏に切るべきではない横架材があったので、迂回してダクトを通す必要がある、などです。

 


以前テレビでリフォーム番組が放送されていましたが、解体後に「匠」がその状態に驚く場面が往々にしてありました。
リフォームならではの光景ですが、こうした問題が起きることもあります。
この場合もお客様と早急に相談して、今後の対応はどうするのが最善かという点を決めます。

なお、ケイズでは特定規模以上の工事は、請負契約書を取り交わす規定となっています。
契約書には以下のような条項があります。

「当事者間に工事の内容を変更せざるを得ない事情のあるときは、その変更の内容、工期並びに請負代金について、甲乙協議の上、書面によってこれを定める。」

 


どのような場合でも、できる限り見積書の範囲内で仕事をします。
完成まで何も伝えずに、見積書を超える請求をすることはございません。
きちんと見積もりし、誠実な価格で対応しますのでご安心ください。