【日本の最高クラス!】これがトイレ!?

市販されている中で、日本最高級のトイレを体験してきました。
TOTOネオレストNXです。


通常のトイレ便器交換は施工費を入れても8万円~25万円程度です。
しかし、この最高級トイレの値段は57万円とのこと。
海外の富裕層などもターゲットにしているそうです。

サイズが大きいので、設置する場合はスペースも必要です

目指したのは“真の一体形”。TOTOが100年培ってきた衛生陶器の技術の粋を尽くしました。
新開発の新「トルネード洗浄」、新「フチなし形状」、「エアインワンダーウェーブ洗浄」をはじめ、「きれい除菌水」による自動除菌、便器をナノレベルで滑らかにする「セフィオンテクト」など、TOTOのフルスペックの機能です。
(参考:TOTOカタログ)

どこから見ても、流線形のフォルムです。

機能の中で、特に便利なのは「きれい除菌水」
使用前に水を自動でふきかけるので、汚れが付きにくくなります。

ケイズの事務所トイレも、フタを開けると除菌水が出ます。
最近、ついているトイレも増えてきましたね。

 

モデルハウスのような家にしよう!

家を建てるときはインターネットや雑誌で情報を探すのではないでしょうか。 
たいていが日常で見かけないおしゃれなデザインです。

「どうせできないから」とあきらめる前に、リフォームのケイズにご相談ください。

お客様の持ってきた雑誌や写真に合わせてデザインします

上で紹介したイメージ写真はトイレと思えないほどきれいです。
ですが、全く同じ間取りと設備で作ることもできます。

  • ベッセル式洗面器98,500円
  • 自動水栓 180,000円
  • 排水金具 11,500円
  • スタンド式紙巻器 55,400円

すべて取り扱っていますので、同じものをご用意いたします。

 

ポイントは業者とのイメージ共有

家ができたあとに、デザインを変更するのは大変です。

例えば、欧米風のイメージで作ってほしいというお客様は多くいます。
ですが、ヨーロッパかアメリカかでデザインは違ってきます。
アメリカでも西海岸のフロリダ、東海岸のブルックリンで変わってしまいます。

通常はこちらからご提案させていただくことが多いですが、
もし理想イメージがある場合は、業者に伝えるようにしましょう。

リフォームではデザインの前にヒアリングから始めます。 
この時に好きな雑誌や写真があれば、お見せください。

なぜリフォームをしたいのか?
どんなイメージのデザインが好きなのか?

きちんと共有することこそ、良いリフォームを成功させるポイントです。

 

「リフォームの流れ」はこちらをチェック!