【気になる疑問】現場への差し入れは必要?

お客様とのお話のなかで建築現場へお茶やお菓子などの差し入れはしたほうが良いのかと聞かれました。
大規模な住宅工事の場合は悩む方もいるのかもしれませんね。

施工業者側の視点から、お客様の疑問にお答えさせていただきます。

 

Q差し入れは必要か?

A結論から申し上げますと、どちらでも結構です。
差し入れがなかったからと言って、仕上がりに差が出るような仕事はいたしません。

少なくとも、有名な工務店やハウスメーカーはほとんどそうだと思います。

 

Q差し入れするとしたら何にしたらよいのか?

Aなんでも結構です。強いて言えば、お菓子や飲料がメジャーです。

 

Q差し入れすることで手抜きの予防になる?

Aなりません。

お客様の見えないところで手抜きをする方法は非常にたくさんあります。
ケイズはリフォーム専門ですので、お客様からのSOSに応えることがあります。


私たちプロでも、壁を開け、床を剥がして初めて手抜きに気づくこともあります。
建売では設計図通りになっていないことも多々あります。

ですから、まず手抜きをするような工務店やメーカーを選ばないことが大切です。

手抜きとまではいかなくても、現場では「このままでも良いかな」という考えがよぎる時が必ずあります。
「まあいいか」と思いそのままにしてしまう職人もいます。

ですが、「時間はかかるがやり直そう」と思うことこそ最後の仕上がりにつながります。

納まりの難易度としては新築よりリフォームのほうが高くなることも多いので、
リフォーム業者を選ぶときは新築以上に気を付けてくださいね。

 

 

昨日、お客様からお手紙と一緒に「酒粕入りの味噌」を差し入れていただきました。
中規模リフォームのお客様で、ご自宅の二階にアイランドキッチンとトイレを新設させていただきました。


酒カスと味噌が合わせてあります。鶏肉や魚の両面にうすくぬって焼いてみて下さい。
長野で酒蔵につとめている人から頂いた酒カスが美味しかったので、作ってみました。
是非お試しください。
お世話になりました。良いものを作っていただいてありがとうございました。

心遣い、ありがとうございます!
昨晩、早速頂戴いたしました。大変おいしかったです。

私たちの仕事にご満足いただけたという言葉を聞くのは本当にうれしいですね。
これからも手抜きをせず、丁寧な仕事をしてまいります。