天井高の平均とベストな高さの決め方は?

ご自宅の天井高をご存知でしょうか。

もし、設計図をお持ちの場合は、CH(ceiling height)=2400(mm)といった表記を探してみてください。
この場合、2400mmというのが床から天井までの高さとなります。

背の高い方はドアの枠に頭をぶつけてしまった経験があると思います。
日本人の身長が年々高くなっていることもあり、天井高も高くなりつつあります。

【天井高の平均】
最低値        :2100mm (建築基準法施工例第二一条による)
従来の住宅・和室など :2200~2300mm
現在の住宅の主流   :2400mm
ハウスメーカーなど  :2400~2500mm

近年の住宅で最も多くなっているのは2400mmですね。

 

【本日のお客様からのお問い合わせ】

お客様から天井高について質問をいただきました。

天井高は2700mmが良いとネットで見ましたが、本当ですか。
天井を高くしてみたいけれど、どのくらい上げられますか?

おそらく内装用石膏ボードを含めて、建材は一尺(≒300mm)の倍数の単位で作られています。
それで、2700mmという数字が出ていたのだと思います。3×6版(高さ1820mm)などが有名ですね。

ただ、ケイズでは余ったボードはできるだけ別の箇所で使うようにしています。
ですから、サイズをあまり気にしていただく必要はありません。
使いやすさやデザインを大切にしたほうが良いでしょう。

なお、上が屋根の場合、天井を上げられることが多いです。
天井を開口して現地調査をさせていただくと天井高の上限がわかります。
その際、設計図(立面図・断面図)をご用意いただくとスムーズです。

 

【実際の施工例】

例えば、現在ケイズが施工している例ですが、2階の天井高を2400mmから2900mmにしています。
天井裏に隠れていた野物が見えるようになりましたね。

野物とは写真上部を十字に走っている太い梁のことです。
この場合、天井を2700mmにすると野物にボードがあたってしまうため、手間が増えコストが高くなってしまいます。
なにより、2900mmの方が野物がきれいに現れるので、デザイン性も高くなります。

この部屋はベッドルームとして使われる予定とのこと。野物を生かして、照明はペンダントライトをご提案しました。
夜になると天井に木の輪郭が浮かび上がります。
スイッチは壁面とベッドサイドの二か所に増設。調光式ですので、外の明るさに応じて明るさを変えてください。

 

手すりの取り付け・畳の交換から、キッチンの入れ替え・間取りの変更など、広く対応しております。
住まいのことなら、まず技術力と信頼のケイズにご相談ください。